2008年07月09日

血液型本、次は変化球だ

相変わらず血液型本のブームが続いております。
これっぽっちも血液型占いを信じてない私ですが、コレにけっこう売上助けられてるのは事実だからなぁ。

以前も書きましたけど、「B型」の本をとるから「当たってる」と思うんであって、
「何型」かを伏せてから読むとけっこう皆当てはまっちゃったりするんですよね。
wikipediaにはしっかりと都市伝説と書かれていますね。
(都市伝説といえば、ハローバイバイの第2弾出ましたよ)


売れる本は占星術にはじまりスピリチュアル系、都市伝説、予言、そして、血液型占いと続いております。こういう本ばかり売れてるってのはあまり好ましい状況とは言えない様な・・・。
次は空中浮遊とかに行かなければいいのですが。


本題に戻りましょう。


「B型自分の説明書」(Jamais Jamais)が今回のブームの火付け役であり、かつ最も売れているのですが、
「B型人間の頭の中」(三田 モニカ)が後をものすごい勢いで追っています。著者の方はサンタモニカと呼ぶのでしょうか。すごい名前だなぁ。この本は帯が取れやすいので書店員には不評。
「自分も知らないB型の正体」(摩弥)も負けずに頑張っております。
「『だから、B型だ』って言うな!」(御瀧 政子)も続きます。
「B型男と幸せになる方法」(田中 ひろみ)なんてのもあります。東洋経済新報社からですよ。




さてさて、血液型本の泥鰌を沢山ごらん頂きましたが、ついに変化球の登場です。


「ひとりっ子の取扱説明書」(Dalle Dalle)

タイトルも著者名も激しく近いものを感じます。書影も激しく近いものを感じます。
しかし、変化球! ひとりっ子!
間違いなく次は「ふたりっ子」「みつ子」を狙っているでしょう。
内容はまだ見てませんが、一人っ子は我儘だとか、三つ子の真ん中は上下の空気を読むとかそういうのでしょうね。
個人的には血液型より気になりそうな内容です。




あ、最後に一言だけいいですか。
血液型本はものすごくよく皆さん立ち読みされるんですが、読んだらちゃんと元に戻してください。お願いします。
コレ、A、B、O、AB、なぜか4タイプとも、血液型に関係なく皆さんけっこう散らかすんですよね ;)

posted by 150turbo | 2008年07月09日 20時43分 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 血液型本、次は変化球だ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
血液型売り場ちらかりますね。うちもなかなか。最近のランキングは目をオオイタクなりますね。直木賞候補も動きは…。困りました。
Posted by ごんぞう at 2008年07月11日 00:05
直木賞決まりましたね。いやー、どうなんだろ、商業的には。
ま、今はハリポタで頭いっぱいだからまあいっか:)
Posted by 150turbo at 2008年07月16日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102530548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。