2008年07月22日

シュリンク

学生は夏休みかー。いいなー。

男子a「ビニールついてて中見えねー」
男子b「中見えなきゃ買うかどうかわかんねって」


改めて説明しましょう。
コミックなんかがビニールでパッキングされてますね。あれは「シュリンク」と言います。
あれって意外に知られてないみたいですけど、お店お店で個別にやってるんですね。

新刊はもちろんのこと、既刊のコミックも、いちいち各店でシュリンクしてるんです。
それで、返品するときには「はがしてください」と取次に命令されてるのでいちいち取るんです。
もったいないですね。非エコですね。

返品せずに売り切ればいいじゃないかって? そこはまぁ…なかなか難しいですよやっぱり。

我々としては、取次にそのまま返品してもいいじゃんかーと言うのが精一杯ですが。聞き流されます。

特装版みたいに、すべてのコミックにはじめからシュリンクしてくれればいいのに、版元が。
そこで数円値上がりしてもいいんじゃないかと思うんだけどどうだろう。

シュリンク会社が困っちゃうんじゃないかとか、要は本屋がシュリンクするのが面倒なだけだろとか言われるかもしれないですけど、
今の流れ的にはエコですよ。

(若干逸れますが、集英社のJCってシュリンクするとわりとクニャっとなりませんか? 個人的には秋田CCがカッチリはまると思うんだけど、それはシュリンカーの設定次第? いやー、表紙カバーの微妙なサイズかと。)


版元からのシュリンクなら、製本所から一度も読まれてないのでいい感じしません?
版元シュリンクがないものは開封済=ユーズドってことがわかるし。


読めなきゃ買う気になれん、とは よく聞く言葉ですが、
雑誌や一般書籍はともかく、コミックはいいんじゃないかと思ったりするんです。
そこは試し読み用の冊子なり、1巻だけの開封見本を用意するとかすればいいんではないかと。


そもそも、世の中のものってそんなに試せるものってある?

例えば、私が今日の昼に食べたカップラーメン。新製品だったと思う。250円くらいだったかな。「ジューシーな豚骨スープ」とかいろいろ書いてあった気がしますけど、結局は食ってナンボ。試食なんてありませんよ。
例えば、私は帰宅してビールを飲んでますが、いま本当に飲みたいのは美味い焼酎。「森伊蔵」って知ってます? 2回くらい飲んだことありますが、本当に美味いっスよ、これは。皆さんにも是非オススメしたい。で、調べてみてよ森伊蔵の値段を。ありえないっつうの。ゼロ1つ多いって。いま私に紹介されて、飲んでみようかしらと思ったあなた。試飲なんてたぶん出来ないですよ。
例えば、先日行ったちょっと洒落たごはん屋さん。店の装飾や雰囲気はいい感じだったけど、肝心の食事はいまいちでしたよ。


コミックばかりが中身を確認できないってのを言われすぎじゃないかなと思ったりしてます。


うちは一応人気作品や気になる1巻はシュリンクしない方針でやってます。
効果はありますね、やっぱり長い時間立ち読みされても7巻まとめ買いとかでレジに来てくれるとうれしいもんです。
posted by 150turbo | 2008年07月22日 22時54分 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 はてなブックマーク - シュリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜかジャンプコミックスだけ波打つんですよねw

私事ですが、yahoo!知恵袋で「シュリンク剥がして立ち読みしてたら注意された!」と怒っている人がいた時は驚きました…
Posted by くお at 2008年07月29日 15:57
あの波打ち際はなんとかなりませんかねぇ。表紙カバーが微妙に大きいんでしょうかね。紙質ですかね。

それにしても、この時期のシュリンカー周りは暑い。パン職人か陶芸家だよ。
Posted by 150turbo at 2008年07月30日 22:48
トラックバック送信させて頂きました。
シュリンクに関してはあの自動シュリンク機がばか高い割には性能悪いような・・・
人がついてなくても本を置いといたら勝手にシュリンクされるようにならないですかね。
あのひたすら本を差し込んでシュリンクしてる時間がもったいないような気がしてしまいます。
Posted by マナブ at 2008年08月08日 09:33
シュリンクはがし面倒ですね。
シュリンクのせいで返品処理のときにバーコードの読み取りがうまくいかない場合が想定されるのではがしてくださいと言われた記憶がありますが、そこは技術力で乗り切ってもらいたいところ。シュリンクはやはりはじめから付いていればいいのに派です。
Posted by 150turbo at 2008年08月11日 20:41
そうですよね。ほんと技術力で乗り切って欲しいです。
世の中で本屋が一番エコを考えるべきなのでは と思ってしまいます。
Posted by マナブ at 2008年08月12日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

またまたシュリンクについて
Excerpt: 150坪書店員BLOGさん http://150turbo.seesaa.net/article/103390237.html にシュリンクについて言及が。 >新刊はもちろんのこと、既刊のコミックも..
Weblog: 本屋に気楽に行こうよ
Tracked: 2008-08-08 09:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。