2008年07月30日

ジャ vs 講談

昨日の私のたった2行のエントリを素晴らしくまとめた「60坪書店日記」さん。

実は私が作ろうと思いながら面倒くさーと断念したのですが、あのリストがお見事。
http://d.hatena.ne.jp/kongou_ae/20080729/1217348704

個人的には、「マガハ」がカレンダーにほとんど関わってないというのにちょっと驚き。

それにしても、講談社の運の無さはすごい(それを実力ともいう?)。
いいところはみんな他社に持っていかれてる。しかも、ブレイク前はやらせてもらってたというのが痛い。
ブレイクした途端にはずされるのは厳しいというか、もうある種の嫌がらせ的な感じも。

そう考えると今年から来年にかけてニュースが来る!?


さて、もうひとつ気づいたのですが、講談社ってドラマ下手ですよね。
そんでもって、ジャニ系タレントってほとんど使われてないのでは?
これも表にまとめたかったが断念。

タッキーは集英社のデスノ、
松潤は集英社の花男、
ヤマピーは小学館のクロサギなどがあると思いますが、講談社はコレは!というのが思い出せません。

今やってるドラマ「シバトラ」が講談社ですが、小池君ですね。
小池君と言えば、ある意味、反ジャニ雑誌の「JUNON」(主婦と生活社)によく出ている気がします。


そんなこんなで、講談社的にはそろそろキレときますか、な状況だったのかも(?)。
胡麻をするのも費用対効果。使い方間違ってる?
書いてることはあくまでも個人的な推測ですけどね。


ちなみに、
もうすぐ出る 嵐の写真集 は 集英社 から。
posted by 150turbo | 2008年07月30日 22時41分 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 はてなブックマーク - ジャ vs 講談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

シバトラ
Excerpt: 小池徹平メイドに変身でもえ〜! 朝日新聞主演するフジテレビの連続ドラマ「シバト...
Weblog: きゅうの出来事
Tracked: 2008-07-31 08:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。