2008年08月19日

コンクールに参加すること

先日、某出版社の某企画で中くらいの賞をもらいました。

うちはPOPとか催事平台のコンクールなんかにわりと参戦するほうです。
1日の仕事量とか、荷物量はよほどのことがない限りきちんと回るような仕組みが一応つくってあるので、夕方あたりからは全員でお絵描き&工作してたりします。


むかしアルバイトしてたときの店長が「こういうコンクールに参加してる店はヒマだからこういうことが出来るんだろうな」みたいなことを言ってましたが、逆だと思います。仕事は忙しいヤツに頼め的な発想といいましょうか、やろうと決めた店はきっちりできちゃうもんです。

派手な展開がしてあると訴求もありますし、活気付きます。スタッフ自身も楽しんでやってます。
版元の冊子とかに店名が載ったり写真が載ったりすると手掛けたスタッフ本人としてはやっぱり嬉しいみたいです。
それで、何かちょっとした賞を頂けたりするとモチベーションも上がりますので、良いスパイラルが出来上がっていきます。

さすがに、電化製品とか旅行券みたいなのはもらったことないですが、過去には時計とかお菓子詰め合わせとか空気清浄機みたいなものはゲットしたことがあります。


と、まぁ、ここまではちょっと自慢。
以下が本題です。


新潮文庫手書きPOPコンクールみたいなのは全然OKですし、ベネッセひよこクラブ展開コンクールとかもたぶん大丈夫だと思います。
問題は、某女性誌の創刊コンクールとか、○周年コンクールみたいなやつですね。
あれで賞もらってる店って、表紙の女性タレントとかガンガン拡大コピーとかしてるじゃないですか。
それから、アニメ化記念コンクールとかドラマ化記念コンクールなんかでも、、、例えば今ですとDMCの原作をコピーしたり、マツケンの写真を使ったり。
肖像権とか著作権ってのはここではあまり気にしなくてもOKなのかな。
某女性誌のコンクールでああいうのに賞が行くってことはOKってことでおk?

まぁ、著作権があるから使うなと言われたら、じゃあ販促物は大量に準備してくれよと言うだけでしょうし、みんなが送られてきたキット使ったらそれこそどの店も金太郎飴な展開になるでしょうけど。


そういう意味では画像を使わず、絶対にスタッフが手描きするビレバンはすごい。しかもそのイラストとか激ウマなんだよね。
posted by 150turbo | 2008年08月19日 22時34分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - コンクールに参加すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。