2008年12月15日

古すぎるSF観

昔のSF、、、そうですね、私はあまりSFを読まないので、あまりにもオールドタイプな「未来」かもしれませんが、

お父さんが自宅で新聞を読んでて(新聞は存在してるらしい)、お母さんは炊事や洗濯をロボットにやらせてて、子どもは学校に登校せずテレビモニタで学習するっていうアレです。外にはチューブみたいな中をタイヤの無いクルマが飛んでるという。
家族はみんな家でそろってて、面倒なことはすべてロボットやコンピュータまかせ。なんて素敵なフューチャーライフ、みたいな。

古すぎますかね。
絵的には手塚とか石森を想像してしまいますが。


で、現代。一応21世紀ですよね。
ロボットが人間の代わりとなって早く正確に働いてくれています。
家庭用ロボットはまだまだとは言うものの、食器洗浄機とか、部屋の中を走り回る掃除機とかありますよね。

情報誌は無料! ネットの中には無料メール! 無料アプリケーション!
新聞とらなくても無料ニュース!(通信費かかるけど)
無料! 無料! 無料!


ところで、ああいうSFの中での家族における収入源って何? どこ?
オヤジめちゃめちゃくつろいでコーヒー飲んで新聞読んでるけど、どうやって家族を養ってるのさ。

なんでもかんでも無料で配布してる企業は一体どうしたいのさ?

ベーシックインカム?

posted by 150turbo | 2008年12月15日 20時56分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 古すぎるSF観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111279787

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。