2008年12月28日

今年の個人的ベスト3

なんとなく、思いつきで書きますが。
今年の個人的ベスト3をご紹介。

1位から紹介していきます。


ベスト1は、『スティーブ・ジョブズの流儀』
数あるマック本/アップル本/ジョブズ本の中で、現時点では最も面白い本と云えるでしょう。
翻訳モノであるにも関わらずサクサク読めます。(「ジョブズはなぜ天才集団を作れたか」はやたら読みにくかった)



ベスト2は、吉本佳生『クルマは家電量販店で買え!』
前著『スタバではグランデを買え!』の第2弾。こちらは昨年の俺ベスト1だったのですが(http://150turbo.seesaa.net/article/73641797.html)、その第2弾も非常に面白い。
前にも書いたかもしれないですけど、ちょっとした講義を聴いてるみたいな感じです。年末年始に冬期講習ぽく読んでみるのはいかがでしょう。
ただでさえ先生の本は盛りだくさんな内容なのにさらに続きがあるみたいです。
 ※ 吉本先生のブログ>http://yoshimoto-yoshio.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-11bf.html
ちなみに表紙のイラストは吉本先生に激似です。



ベスト3は、安藤健二『封印作品の憂鬱』
コピーにもあるように封印3部作のトリが発売されました。
『謎』ではウルトラセブンを、『闇』ではオバQやキャンディキャンディ。今回は「日本テレビ版ドラえもん」や「ハルヒ」です。
実は今まだ読んでるところなんですが、これは面白いです。過去の2作よりも断然面白いです。安藤氏も一番大変だったと仰ってますが、その分こちらには読み応えのある作品になってます。





オマケ・次点:ベスト4は、『「考え方」の考え方』
昨年のベスト2の指南役の新作です。



こうして今年もまた私は文芸作品を読まないまま1年を終えていくのであった。。。
posted by 150turbo | 2008年12月28日 00時47分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 今年の個人的ベスト3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111810147

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。