2009年06月24日

本屋の森のあかり(5巻)




先週でしたかね、こちらの新刊出てました。
岡崎出身の主人公がわけあって地元名古屋に戻ってまいりました。

著者の磯谷さんは、どこかで番子さんと出身が近いとか行ってたはず(調べるのメンドクサイ)。
なんで、愛知県の人なんでしょうね。




須王堂書店という漫画内で出てくる架空の書店はモデルがあるっぽいですが、この名古屋編に関しては間違いなくアソコですね。
162頁の図でなんとなく分かるがね。分かる人にはでら分かりやすいでいかんわ。
あのへん、今再び激戦区だでね。

posted by 150turbo | 2009年06月24日 01時12分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 本屋の森のあかり(5巻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122105088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。