2009年11月02日

非アマゾン ジャングルに入り込まない方々

書店員時代もよくあったことですが、
ネットに馴染みのない世代は、とにかく店員に聞く、というのが正解なわけです。

うちは、オヤジはネットに強いし、iPhoneを並んで買いに行っちゃうぐらいな人なんですが、オカンはまったくダメ。
この人には「アマゾンで調べて」の「アマゾン」がまず理解できない。
とりあえずヤフーは分かってるので「ヤフーにアマゾンと入力して」からスタート。

アマゾンもなんだかごちゃごちゃしております。
私の最も好かないタイプのサイトです。
親切精神満載なのか、親切の押し売りなのか微妙なところです。
年配者にはキツいページですね。
ですので、出版順に並び替える、なんてのに辿り着くまでにオカンはバテます。

そんなオカンと同じ世代から上ぐらいの人口が非常に多くなってると言われています。
こういった今お金をわりと持っている部類に入る世代の方々はアマゾンは迷子になるので近寄らないのですね。
で、近くの本屋さんに行こうとするのですが、はい、町の本屋さんがありません。
イオンみたいなところは広すぎて疲れるとかクルマが無いとか、そんな感じです。
そうすると彼らはどこに行くと思いますか? 図書館に行ってしまうのですね。
本が売れないのではなくて、買いたい世代が買えない状況なんです。

巨大な書店を郊外やSCに作ってコミックの在庫を大量に持つよりも、
コンビニの閉店物件でもいいので本屋さんを作ったほうが良さげな気がします。
アマゾンに対抗したりスマートフォンでの配信とかを考えるよりも、
彼ら向きの本屋を近所に作ったほうが良さげな気がします。(少なくとも現状は)
結局、今、誰が一番カネを持っていて、使っているのか、でしょう。

posted by 150turbo | 2009年11月02日 22時08分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 非アマゾン
ジャングルに入り込まない方々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。