2009年11月02日

本は端末に入れて持ち歩く必要性があるのかな?

電子ブックのニュースは非常に楽しみ。端末好きな人間ですので。
でも普及するかどうかはかなり微妙。
紙の方が見やすいとか、折り曲げれるとか、書き込めるとか、そういうのももちろんですが、もう1つ。
そもそも端末で持ち歩かなくてはいけない理由あります?

音楽は、

・1曲あたりがだいたい5分
・ながら聴きができる
・気分によって聴きたい曲が変化する

のですが、

本ってそういうものかな、と。
読みたいものを買ったら、たいていそれ1本読み進めませんか。
だったら1冊持ちゃ早い。文庫ならなおさら。

部屋の本棚がすっきりする、というのは歓迎ですけどね。

ただ、あまりにも Apple とか Google とか Amzon とか言われると別に愛国主義ではないけど、日本に頑張ってもらいたいところ。
可能性としてはやっぱり任天堂になるでしょう。あそこなら日本企業も抵抗無く協力的にやれるのでは。配信だけでなく、カセット形式での販売もできそうだし。
あとはシャープ、カシオあたりかなぁ。


2008年05月30日のエントリ;
http://150turbo.seesaa.net/article/98480568.html

posted by 150turbo | 2009年11月02日 22時33分 | Comment(0) | TrackBack(0) | [電子書籍] はてなブックマーク - 本は端末に入れて持ち歩く必要性があるのかな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。