2010年05月09日

母親の存在感

母の日です。

母と言えば、以前にも書いたかな。
最近の若者はクルマ・酒・タバコ・ギャンブルに興味を持たないってのがありますけど、
そういうモノに対する変化だけでなく、家族への接し方なんかも変わってきてる気がします。

我々世代では「親と出かける!?」とか「母親となんて歩けるか」という風潮だったと思うのですが、
最近の学生バイト君たちは休みの日に親子で買い物に来たりします。
そもそも我々の時代は会話に母親が登場することはあまりなくて、登場するなら「オカン」「オフクロ」という呼び方だったはず。学生バイト君たちは「かあさん」「おかあさん」と普通に発言する(さすがに「ママ」は無い)。これ、ウチの店特有の空気?

高校を出たら(実家から通える距離の大学に進学しても)一人暮らしするというのが基本だったのに、今は実家ですからね。
ひょっとしたら「マザコン」という単語は下の世代にはあまり意味を成してないのかもしれない(いや、上の件がマザコンという意味ではない)。「冬彦さん」は1992年の登場みたいです。
女子バイトには話を聞いてないのですが、年頃の娘が「オヤジうぜー」っていうのも最近は減ってるのでしょうか。


東野圭吾がまた映像化決まってるらしい。
来年の春公開予定の映画で、堀北真希・高良健吾。「白夜行」。ドラマ版では、綾瀬はるか・山田孝之だったが現時点ではこの印象がちょっと強い気がする。

ところで、その東野氏は現在52歳、作品から読みとれる「カッコイイ男」像というのが、やっぱりちょっと上の世代という感じもある(書かれた時期によるかもしれないけど)。
カッコイイクルマに乗って、タバコをふかし、酒を飲み、スキー、別荘、女にモテるけども結婚という現実は不要、という。

個人的には「ゲームの名は誘拐」のリメイクを希望。北川景子とかどうでしょうか。



posted by 150turbo | 2010年05月09日 22時51分 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 はてなブックマーク - 母親の存在感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お年頃の娘さんに尻に敷かれてるお父さんをバイト先で見るたび、なんだかな・・・って思います。母娘揃って来店ってのもけっこう見ます。
親と一緒なんてダセェし、って風潮は今ないのかもしれませんね。
Posted by エーコ at 2010年05月13日 12:57
確かに、最近は男女問わず成人しても親と一緒にショッピングしてたりする風景をよく見かけますよね。
ここのブログは本の紹介がいろいろあって面白いので、リンク貼らせてもらいますね^^
私は日々のニュースとかを書いてます。
相互にしてもらえると嬉しいです。
Posted by ジェイムズ鉄道車掌 at 2010年05月21日 05:49
お返事が遅れて申し訳ないです…。
>エーコ 様、
>ジェイムズ鉄道車掌 様、

モノへの執着がなく、マイカー、マイルームみたいのも不要になっているのか、家族で暮らす、家族で共用というのが普通になってきてるのですかね。そうすると親子の距離感も昔とは違ってくるのでしょうか。
まぁ、無駄に?抵抗したりせず平和に過ごせるというのはいいことですよね。
父親が育児で長期休暇をとるというのもそんな感じで当たり前になってくると良いのかもしれないです。
Posted by 150turbo at 2010年05月25日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149385830

この記事へのトラックバック

東野圭吾さん #book #comic #book 「白夜行」を読んで?!
Excerpt: 白夜行 (集英社文庫)東野 圭吾集英社発売日:2002-05-17ブクログでレビューを見る»分厚いのが難点よね。。。読み終わった。もっともっっとドロドロしたものが好きです!でも、こ..
Weblog: 神楽のお部屋。
Tracked: 2010-06-27 23:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。