2010年06月05日

6月5日号

んー。もう下半期なのか。いやいや、まだもうちょい。


この期に及んで、雑誌全縛りとかしてる店を見ると信じられなくなる。立ち読みして帰る奴が居る? 立ち読んでから決められるのがリアルの良いところじゃないのかな。中が見えないならネットでいいよね。


立ち読みされて売上が減る方よりも、立ち読んで買ってもらえれば売上増えると考えたほうがいいよね。青い本を積んでいながらそういうやり方はよろしくないと思うな。


前回の続き。雑誌が何で大事かって言うと、そりゃあ本屋の4分の1ぐらいは雑誌だけで取れるわけだし、雑誌は全方向のお客さんと向かえるから。バイク屋と釣り具屋とネイルショップの客層はそれぞれがそれぞれに向かって商売するんだけど、本屋はあらゆる方向の方を取り込むことが出来るわけだから。当たり前の話だけど。


「将棋講座」も「将棋世界」も1冊も売れない店が実用書の「将棋」の棚をむやみやたらと充実させても仕方ないわけで。そういう書籍の棚揃えを見るためにも雑誌は必要だし、仏像ブームあたりでもあったように雑誌の特集の売れ具合を見て書籍でフェアということもできる。


前の店に居たとき、上の者が「レジなんかバイトに任せろ社員のお前がそんなところに立ってどうする」とか言ってた。「レジなんか」の「なんか」という表現とか「そんなところ」という言い方が気に入らないね。て言うか、前回も書いたように、アタマさえ働かせていればレジほどデータの集まるところはないと思うんだけど。


自分のアタマとスリップという2大アナログな書店員はこのまま滅んでいくのだろうか。


ところで、その上の者は、↑みたいに常に怒り口調だった。なんでだろ。カリカリカリカリして生活してて毎日楽しいのかなぁ。だいたい同じ職場の人間に向かって「オマエ」とか呼び捨てとか、私はできないなぁ。年上とか年下とか肩書きとか関係ないでしょ。一社会人として向かうべきだよね。


前回の続き。コンビニのセブンが消えると困るのは、コーヒーが飲めなくなるから。あのレジ横にある100円コーヒー。申し訳ないけれど、ミニストップのやつは候補外。マクドはアメリカンな濃さだしねぇ。


コンビニがなくなると週刊誌の動きが少し変わる。ところで、毎週3冊売り切ってても平気で2冊に減数してくるのはもういい加減なんとかならないもんですかねぇ。んで、その2冊のうちの1冊が入荷の際に破れてましたよで返品すると返品率50%ですか。ああそうですか。


さて、冷やし中華のおいしい季節がやってまいりました。


月末〜月アタマ。営業さん最近あまり見てない。うちだけスルーされているか? 正社員が確実に居る本部とか、大型書店だけ廻ってるなんてこたぁ無いよね。


地図については次回書く。


7−8中心で、一応裏の8−7を買ったら1ー8ー7でした。


岩波だからなー。



posted by 150turbo | 2010年06月05日 00時37分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 6月5日号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。