2006年09月08日

0.9世代

『「ググる」子供と、「ググれない」子供』という記事を読んだ。



以前にも書いたとは思うけど、まだまだお客さんの中には居ますね。
驚くのは、若い世代でもかなり多いということ。
「パソコンやってるよね?」「ケータイ使いまくってるよね?」という世代。


本屋だからって、本屋専用の特別な何かを使ってるわけじゃないんだよね。
もちろん発注に使うサイトなんかは専用だけれど、基本的に検索機能としては何でも一緒(本やタウンは検索力が弱いと思う)。


もっとも、調べるのが面倒だから、とにかく本屋に聞けばわかるだろう、というニュアンスもあるだろう。


でも、
「本の題名しかわからないんですけどいいですか?」
というのは、間違いなく「ググれない」人なんだと思う。

題名しかわからない=アウト?と思ってるんだろうなぁ。
題名がわかればそれを検索ボックスに入力するだけで、著者名から出版社、発行年月、価格までだいたい出てくる。


今日は、グーグルで調べたら「へぇ〜、便利ですね〜」とまで言われてしまった!
若い女性なのに!

いや、別に若い人は使えなきゃダメというわけではないんだけど、なんとなくやっぱり。ねぇ。




余談。

うちのパソコンはレジカウンターのほぼ中央にあるのですが、検索結果の画面を見せたり、調べものをする際に、中まで入ってくる人が時々いるからビックリする。。。いや、別に中に入ってこなくても画面はそっち向いてるじゃないかっ。。。斜めだけどさ。。。
posted by 150turbo | 2006年09月08日 00時22分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 0.9世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23424015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。