2006年09月09日

カルシウム不足

本日、午前中の電話。

「もしもし、×××××っていう本なんだけど在庫あるかしら?」
(×××××聞き取れず)

「恐れ入りますが、お電話が少し遠いようで…」

「×××××!」
(早くもブチ切れ。しかしやっぱりよく聞き取れない)
(相手は携帯電話で非常に電波状況がよくない感じもある)
(あるいは、風の強く吹く屋外なのかもしれない。雑音がある)

なんとか脳内で変換して検索してみようと思ったものの、やっぱりわからない。

すると、、、

「あなた聞こえないワケ? あなた、耳が腐ってるんじゃないかしら? もういいわ」


来た来た。
女性が電話でモノ尋ねといて、
「耳が腐ってる」と言い切ったよ。あっはっは。


〜〜〜
同日、午後。


男性来店。

「おれの注文してた本は入って来たのか?」
(おいおいー、いきなり怒り口調ってのはどういうこと?)
(ガチンコファイトクラブの竹原さんを思い出しちゃったよ)

「お客様、お名前と、ご注文の本のタイトルを…」
「はぁ? 何がだ?」
(つか、なんでいちいち怒ってるんだろう)

「あの、それでは、注文伝票の控えをお持ち…」
「んなもん忘れたわ」
(だから、なぜ自分が忘れたことをそんなに威張れるのでデスカ?)



今日はなんだかこんな感じで、最初っから怒ってる人が多かったですねぇ。。。

こういう怒り口調の人にはやくみつるさんのようにやってみるのが良いかしら?

posted by 150turbo | 2006年09月09日 23時15分 | Comment(3) | TrackBack(1) | [お客サマ] はてなブックマーク - カルシウム不足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつも拝見していますが、始めてお邪魔します。
はじめっから怒り心頭or喧嘩腰のお客さんって面倒ですよねぇ。「客だからいくら横暴でもオッケー」という危険思想が世の中には瀰漫しているようで困ります。お客さんが(荒ぶる)神様であることを実感する瞬間ですw
Posted by kenkaian at 2006年09月10日 01:07
ちょっと前、ウチの店にも来ていきなり
「ロシアの本、あるの、ないの?」
ってスゲー怒りモードの女性がいました。

Posted by ぶか〜ん at 2006年09月10日 09:58
kenkaianさん、こんばんは。
ぶか〜んさん、こんばんは。

けっこう多いのでしょうか、最初っからキレてる人。。。
注文したものが届いてないとか、応対がスムーズではないとか、何かあってではなく、カウンターに到着するなりイキナリだから不思議。
あぁいう人は常に(いちいち)怒っているのかしら?

Posted by 150turbo at 2006年09月11日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23517334

この記事へのトラックバック

きょうの出来事
Excerpt: 150坪・書店員BLOGさんの 記事を読んで出社した きょうの出来事 昼に距離が近いお客様が居て 少しびっくりしました 顔が近いのではなく 体が近いんです 本当に触れるくらいに 近くに来てお話され..
Weblog: suttubo本日記
Tracked: 2006-09-11 00:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。