2006年10月23日

目には目を

「本物」の方は恐そうに見えて、実は意味もなく怒鳴ることはない。しかしながら「珍平」な方は、意味もなく態度だけが巨大。

後者来店。

「なー、おい、地図あるか?」
「あ、こちらでございます。えっと、どういった種類のものでしょうか」
「なー、おまえ地図しらんのか? ちーず。日本語分かる?」

なんなんでしょうか。
彼の息子は3兄弟でしょうか。

こういう「人」(「客」とは呼べない)にまで正しく接する必要があるのかどうか甚だ疑問。
「お客様は神様です」を勘違いした方はどうしたらよいものか。

「地図言うてもなぁ、世界地図、道路地図、都市地図、住宅地図、いろいろあんねや。おんなじ道路地図でも種類があんで、それを聞いとんのや。そんなんも知らんのか? なんや日本の白地図でええんか、それとも地形図にするか」と、仕付け糸を投げてみるか。

「本物」な方も来店されますが、ものすごく紳士ですよ。
「やれること」をやらなかったり失敗すると怒られますが、
「できないこと」(業界的なこととか)に関してはきちんと説明すると理解してくださいますね。


「一度でいいから、なってみたい。蝶野の外見。150です」

posted by 150turbo | 2006年10月23日 20時47分 | Comment(6) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - 目には目を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お客さまは、神様じゃなくて、王様なのですぅ。
王様だから、わがままもいうのですぅ。
そして国民は、そのわがままにつきあわなければいけなかったりもするのですぅ。
でも、なかには首をはねられる王様もいるのですぅ。
以上、「王様のレストラン」よりぃ。
Posted by あまろ〜ね at 2006年10月24日 09:40
>あまろ〜ねさん

あ、それ好きな番組でした。

でも実際に自分の身に降りかかるとね。

あまりに王様が偉そうにしてると、そのうち暴動でも起こしたくなりますよ(笑
Posted by 150turbo at 2006年10月24日 21:03
こんなこといってはアレですが...

書店、コンビニ、レストランで接客の仕事をしたことがありますが、このなかでは書店にいらっしゃる「王様」が、もっともタチが悪い方が多かったように思います。書店時代にはまじで接客の仕事(というか、人間)が嫌いになった(^^;)。
Posted by あまろ〜ね at 2006年10月25日 10:39
蝶野の外見て、いいですね。

僕は全盛期の前田日明かな。
まあ実際は藤原が精一杯ですけど。
Posted by ぶか〜ん at 2006年10月25日 22:26
>あまろ〜ねさん

そうなんですか。

しかし、このテの客はなぜか立て続けに。。。連鎖反応?
ヘコんでるところに、違うのがまたやって来るから大変デス。。。
Posted by 150turbo at 2006年10月25日 22:39
>ぶか〜んさん

あの外見で「座って読まないでください」とか、「カメラで撮らないでください」とか、「本の上にカバンを置かないで下さい」とか、、、
言ってみたいなぁ。強烈だろうなぁ。

あ、レジに立ってたら恐い?
Posted by 150turbo at 2006年10月25日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26034023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。