2006年05月24日

店内で素振りをする人

ゴルフの練習をする方がいました。
ちょっと驚いてしまいました。

グリップをどうするか、とか、
スタンスがどうか、とか、

そういったレベルじゃないです。

完璧に振ってるんです。

ぶわん、ぶわん、と。

本を見て、本を置いて、素振り。
しばらく本を見たらまた素振り。


で、最後には結局その本を買っていかれたのですけどね。

posted by 150turbo | 2006年05月24日 21時50分 | Comment(2) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - 店内で素振りをする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

はじめてのカバー

連休中はレジに立つ時間が長かった。

その間ちょっと気になったのは、文庫・新書初体験(?)のお客様が多かったことかな。

「カバーおかけしますか?」の問いに、

「カバーって何ですか?」の逆質問。「文庫カバー???」で固まってる。


あるいは、

「カバー? 勝手に取らないでくれよ」

どうやら文庫のカバーを「おかけしない」にすると、表紙カバーを取られてしまうと思ったようで。



「文藝春秋から出てるらしい本なんだけど」に対して「あぁ、文春新書ですね」と言うと、「ブンシュンシンショ?違います。出版社は文藝春秋ですよ!ブンゲイシュンジュウ!」と言う方もいたり。

posted by 150turbo | 2006年05月08日 20時30分 | Comment(0) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - はじめてのカバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

ついてくる人、来ない人

新書のタイトルみたいでいいねぇ。ニヤリ。



150坪はそれほど広くないわけですが、場所がわかりづらいのか、最初っから店員に聞いた方が早いと思っているのか、「○○ってどこですか?」と聞かれることがよくあります。

タイトルにしたように、ご案内の際についてきてくれる人とついてきてくれない人がいます。


ピンポイントで本のタイトルを言ってもらった場合は、その本を持って来ればお買い上げ、という方向なのですが、「司馬遼太郎ってどこ?」と聞かれてついてきてくれないお父さん達には困ったものです。
出版社はあちこちから出ているし、タイトル数も多いので、「こちらと、こちらと、あとは・・・」と説明したいのに。何を持っていけばいいんじゃー。



「病気の本ってどこ?」と言われ「家庭医学はこちらでございます」と言ってるのについてきてくれない。orz
しばらく歩き始めて振り返って笑顔たっぷり「こちらでございます」って言っても、お客さんいな〜い! 差し出した右手をどうしろと?
お客さんレジカウンターに頬杖ついて待ってる〜!(その余裕感は何ー?)
私は家庭医学の中から貴方に何をお持ちしたら正解かー!? 腰痛? 糖尿?
「あなたがお探しのモノはコレですね」って、、、私はいつからマジシャンになったのでしょうか。



逆にタイトルがハッキリしてるから、「少々お待ちください」と言って多少早歩きで棚まで行って、レジカウンターに持って戻ろうと振り返ったら、いつの間にかお客さんついてきてて後ろにいたー!
至近距離で「こちらでございます」なんて、あの距離は周りから見たらかなり気持ち悪いだろうなぁ。


余談ですが、
「離婚の本ってどこ?リ・コ・ン」って言われたときはちょっと怖かったです。
しかも、「こちらです」って言ったときに「どうも」とかそういう風なセリフが無くて何も言ってくれないからしばらくかったから横で待っちゃった。案内したときにその場を離れるタイミングも難しいものです。

posted by 150turbo | 2006年04月17日 20時15分 | Comment(2) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - ついてくる人、来ない人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

端っこ折れまくり

立ち読みはいいんです。
中身を吟味してから買う買わないを決めるのはいいんです。

ただですね、経理担当が伝票をめくるかのごとく、親指でものすごいイキオイで音をたてながらページをめくっていくのだけは勘弁してほしいなぁ。と思ったのでした。

posted by 150turbo | 2006年03月22日 20時54分 | Comment(0) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - 端っこ折れまくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

長いイントロ

すいません、ちょっと。
ごめんなさいね、お仕事でお忙しいのに邪魔しちゃって。おほほ。。。
あのね、ちょっと前、、、だいぶ前だったかしら。
そう、だいぶ前にね新聞で見たのね。
あら、新聞じゃなくて、テレビだったかしら。
書いてる人の名前も忘れちゃって本当にあたしダメよね。
ちょっと変わった苗字ような気がするの。すぐ忘れちゃうの。
これくらいの歳になると、すーぐ忘れちゃうから。本当にね。
そうそう、それで、メモしておけば良かったなーって、今おもっても仕方がないんだけど。
タイトルもハッキリ覚えてないから、こんなんじゃ本屋さんも困っちゃうかしら。
著者もタイトルも出版社もわからないんじゃあダメよねぇ。


お客さん、イントロ長ぇ。。。
情報度ゼロだから、こっちはサッパリわかんない。


「内容は・・・?」
「健康の本。健康について書いてあるやつで、ド忘れしちゃったわー」


健康の本でだいたいよく尋ねられるのは、コレとか、このあたりでしょ。新谷・安保・石原の各先生のいずれかじゃないかな。


新谷先生でビンゴでした。
それにしても長いイントロだったなぁ。

posted by 150turbo | 2006年02月11日 20時41分 | Comment(4) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - 長いイントロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

立ち読み

パートさんたちの中では、すでに「出勤」と呼ばれている、立ち読みの男性。
週に4日ぐらい現れて、長時間の立ち読みをして一冊も買わずに帰ります。
長時間と言っても、1時間とか1時間半のレベルではないです。
たとえば、10時開店と同時に現れて、14時は当たり前、長いと16時くらいまでとか。
パートさんたちは「お腹すかないのかしら」「奥さんには会社に言ってくると出てきたけど実は行くとこないんじゃないかしら」などと噂されております。。。

4時間もあれば、書籍でも2〜3冊は行けちゃいそうですよね。
でもな〜。
見たいところはごくわずか、という雑誌とか、中身確認のための書籍立ち読みは理解できるけど、完全読破ってどうよ。
と言うか、立ち読みして数千円ケチるよりも、お金出して買って自宅でゆっくりソファーでコーヒー飲みながら読んだほうが気分良いと思うんだけど。

posted by 150turbo | 2006年01月24日 21時27分 | Comment(4) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - 立ち読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

ノリノリ

客注商品の入荷の電話をかけたらパチンコしてるみたい(騒がしい音が漏れて聞こえてくる) 。

「え? え? 何言ってるのか聞こえねぇよ」って。
アンタ、私が悪いのか?

「あー、はいはい、本屋さんね、オッケーオッケー。後で行っきまーす。よろしくぅ!」と最後のほうはノリノリだったけど儲かっていたのでしょうか。オッケーオッケーってガッツでしょうか。

儲かったら、そのお金でガッツリ本をお買い上げいただけるとうれしいのですが。。。

posted by 150turbo | 2006年01月13日 00時00分 | Comment(0) | TrackBack(0) | [お客サマ] はてなブックマーク - ノリノリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。